History of Beads

  • JP
  • EN
ビーズ ―古代芸術のかたち-

ビーズは骨,角、種、象牙、金属,貝、真珠、サンゴ、貴石、粘土、ガラス、木、その他の多くの材料から作ることができる小さな装飾的オブジェクトで、最古の有史以前の時代から存在しています。海カタツムリの殻から作られた彫刻ビーズが最も初期のジュエリーの例だとかんがえられています。

ビーズは時代を超えて普遍的に愛され求められてきました。どの国や文化でも装飾品としてだけではなく社会的状況、政治情勢、宗教的信念などを表現するために通貨としてまたは不思議な治癒力を持つものとして珍重されてきました。

古代エジプトの息をのむほど美しい金で作られたものから現代のビーズ職人が作るものまで、ビーズは身体装飾の最も普及した形のひとつでした。

しかしながら、ビーズはジュエリー以上のものでした。

有史以前また現代社会でもお守りとして使用され、古代世界または現代アフリカではステータスシンボルとして、仏教、キリスト教、ヒンズー教、イスラム教においては宗教的意味を持つ対象として、ほとんどの国で物々交換の媒体として、ビーズは人類の歴史に織り込まれています。我々はビーズの深い歴史と背景を理解し始めたばかりといってよいでしょう。 ポートベロロードマーケットの出発からビーズに対する情熱は、我々がジュエリーを作るうえでのクリエイティブなエネルギーの源になっています。 ヴェニス -ヨーロッパのガラス工房の中心- 世界中の多くの国でビーズは作られますが、ヴェネチアングラスビーズほど美しく精工に作られているものはありません。その美しさ、鮮やかな色、手の込んだデザインはどのガラスビーズよりも優れています。独特の手法によって、花の模様のような特徴を持つことで有名です。数世紀にわたりベニスやその周辺で何千もの異なるデザインのグラスビーズを作る広大な家内工業が発達しました。20世紀初頭には手工業が徐々に機械での製作になっていきました。1970年代初頭にはガラスビーズを作る工場はほとんど廃業しましたが、廃業に追い込まれた工場の中で古いビーズが置き去りにされてあったりそれを売る商人もいました。当時最も高い評価を得ていた二つのタイプのビーズ、そして我々も多く所蔵しているものはシェブロンとミルフィオーレビーズ、です。

シェブロンビーズ 15世紀後半イタリア、ヴェニスで最初に作られたシェブロンはアフリカの多くの人から多くのビーズの中で最も高く評価されたものです。ビーズの王様とも呼ばれ、裕福な村の長老たちによって着用されました。非常に希少で入手困難なビーズです。何層もの色ガラスを重ねて、それを引き延ばしカットします。 これらの初期に作られたシェブロンビーズは時間がたつにつれ希少で価値のあるものとなっています。

ミルフィオーレビーズ ミルフィオーレとは千枚の花弁という意味で、最も一般的なヴェネチアグラズビーズと言えるでしょう。19世紀初頭までひろくつくられていたものではありませんでした。いくつかのガラスの棒をくっつけ合わせる工法で作られます。そのため断面が花あるいはモザイクのように見えます。

ポートベロロードの我々の店は世界の様々な国から、ビーズの買うためあるいは売るためにロンドンに訪れた旅行者や商人に有名になっていきました。特に西アフリカからのビーズ商人がたくさんのアンティークビーズを売るためによく来ていました。

16世紀以来ガラスビーズはアフリカで物々交換の際の通貨として使われた最も初期のものです。香、象牙、べっ甲、サイの角、金そして奴隷までもがビーズと引き換えに売られていきました。まさにそれらのビーズはお金の役割を果たしたのです。

ベネチア産トレードビーズの需要は高まり、アフリカとの交易のために特定のビーズが制作されるようになりました。既成のビーズやサンプルを沢山積んだ交易用の船がアフリカに到着していたものです。今まで見たこともない色鮮やかな美しいガラスビーズはアフリカ人の褐色の肌によく似合い、彼らを狂喜させそれが通貨としてのビーズの成功につながったのです。またそれらのビーズはアフリカ人が今まで知らなかった工法で作られておりそれがまた高い評価をもたらしました。品質、量、身に着けているジュエリーのスタイルによってその人の社会的地位が容易に判断できました。そのため地域全体のトレードビーズの需要を高めました。このためビーズは地元の希望、要求によりビーズが作られるようになり、何千もの違ったデザインが産まれたのです。



カレンビーズ 長年にわたりタイ北部のカレン族の人々の支持をしてきたものの一人です。カレン族は熟練された銀細工です。美しい手作りビーズやほとんど純銀ともいえる素材でジュエリーを作ることができます。独自のユニークなデザインや刻印が見受けられます。 様々なサイズやデザインのビーズを用意しております。そのデザインは自然界からインスピレーションを受けたものや幾世代にもわたって継承されてきたものです。これらの銀ビーズ、ジュエリーはすべて手作りされた芸術作品ともいえるものでありこれらから得られた収益はカレン族存続に貢献しています。

BEADS- An Ancient Art Form A bead is a small decorative object that can be made from bone, horn, seeds, ivory, metal, shell, pearl, coral, gemstones, clay, glass, wood, and many other materials. Beads have existed since the earliest pre-historic times. Roughly carved beads made from sea snail shells are thought to be the earliest known examples of jewellery.

Throughout the ages beads have been universally loved, desired and sought after. They have been used in virtually every culture, not simply as adornment but to express social circumstances, political occurrences, and religious beliefs; as a form of currency; or as symbolic embodiments of curative powers. VENICE ….the glass bead making centre of Europe From the breath taking gold designs of ancient Egypt to the exciting renaissance of bead craftsmanship taking place today, beads have been one of the most popular forms of personal adornment. However, they have been much more than jewellery. Used as talismans in prehistoric and contemporary societies; as status symbols in the ancient world and in modern Africa; as religious artifacts in the Buddhist, Christian, Hindu and Islamic faiths, and as a standard medium of barter in almost every country, beads are interwoven into the story of the human race in ways we are only beginning to appreciate. From the beginning, in Portobello Markets, our passion for beads remains the core of our creative energy.

Chevron Beads First produced in Venice, Italy, in the late 15th century, Chevron beads are considered by many in Africa to be the most highly prized of all beads – King beads  worn by the chiefs and wealthy village elders. These beads are very rare and difficult to acquire. Chevron beads are produced by fusing various numbers of layers of different coloured glass, which is then shaped and ground into many patterns. Early examples of these beads are becoming scarce and thus more valuable as time goes by.

Millefiori Beads Millefiori ‘thousand flowers’ beads are the most common Venetian glass beads. Dating back as far as the 15th Century, it was not until the early 19th century that they were widely made. Millefiori beads are created by fusion of several glass rods arranged so that the cross-section creates a flower or pattern with a mosaic-like appearance.

The BAKU store in Portobello Road was becoming well known to travelers and traders coming into London from various parts of the world wanting to buy or sell beads. In particular, the store attracted many Africans who brought with them quantities of antique European beads that they had collected in West Africa.

Glass Beads had been one of the earliest forms of currency used in trade in Africa since the 16th century, when a large production of decorative beads was manufactured in Europe for merchants to barter in Africa for ivory, tortoiseshell, rhinoceros horn, palm and coconut oils, timer, pigs iron, gold and slaves. The beads became a form of currency.

The demand for the Venetian Trade beads became so intense that specific beads were created for trade with Africa.  Ships would arrive laden with sample cards and ready made beads. The success of bead currency in Africa can largely be attributed to the high intrinsic value Africans placed on decorative items of adornment and European Glass beads were particularly prized as they were made by a sophisticated manufacturing process previously unknown to Africans. Social status was easily determined by the quality, quantity and style of jewellery worn, which created high demand for trade beads throughout the region. Because of this, beads were produced according to local demand and design, resulting in many thousands of different designs.



KAREN BEADS For many years BAKU has been a supporter of the Karen (or Kariang) people of Northern Thailand. The Karen people are skilled silversmiths. They produce beautiful handmade beads and jewellery crafted from high content silver (95-99% silver content). Each piece has its own unique story which is told through design, engravings and detail. Our Karen silver beads come in various sizes and designs. Most of these designs are inspired by the natural environment of the Karen people or are traditional designs which have been handed down the generations. All of the pieces of silver are uniquely handcrafted works of art and all pieces sold benefits and sustains the tribe.